EPARK車検

初版:2020年2月27日 第二版:2020年3月5日改訂

お客様各位

令和2年(2020年)4月より自賠責保険の保険料改定に伴う金額変更のお知らせ

自賠責保険の保険料が、2020年4月の契約分から引き下げられることが決定いたしました。主な理由は、自動ブレーキなど安全装備の普及で交通事故件数が減少しているのに伴い、保険金の支払額も減って収支が改善しているためとしています。
EPARK車検に登録されている自賠責保険の保険料につきましては、3月26日(木)0時(※4月1日から該当日時に変更となりました)に一斉に変更をいたします。店舗様での設定変更等、作業の必要はございませんが、設定変更以前のご予約、お問い合わせにつきましては、各店舗様にてご対応の程よろしくお願いいたします。
保険料変更の例は下記のように変更いたします。※下記は離島以外の地域(沖縄を除く)のものです。

ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。
24か月契約 現行保険料 新保険料 引き下げ額
自家用乗用車 25,830円 21,550円 4,280円
小型貨物車(自家用) 29,470円 24,790円 4,680円
小型二輪車 11,520円 9,680円 1,840円
軽自動車 25,070円 21,140円 3,930円
政府は22日、自動車やバイクの所有者に加入を義務付けている自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料を、4月から平均16.4%引き下げることを決めた。自動ブレーキなど安全装備の普及で交通事故件数が減少しているのに伴い、保険金の支払額も減って収支が改善しているため。値下げは2017年4月以来、3年ぶり。
自賠責保険審議会(金融庁長官の諮問機関)を同日午前に開催した。新保険料(2年契約、沖縄県と離島を除く)は、自家用乗用車が2万1550円、軽自動車は2万1140円。引き下げ幅は、それぞれ4,280円(16.6%)、3,930円(15.7%)。

[参照]自賠責保険料16%引き下げ 3年ぶり、4月から

トップページへ戻る