封印(ナンバープレート) - 車検時典では専門的な車検用語を解説します。

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検辞典 > 
  3. 封印(ナンバープレート)
車検辞典 【封印(ナンバープレート)】 ふういん

ナンバープレートを固定するボルト上に被せるアルミ製のキャップ状のもので、取り付け位置は車両後部のナンバープレートの左側と定められています。
自動車がナンバープレートを発行する陸運支局によって正式に登録され、しかるべき検査を受けた後、ナンバープレートを取得したという最終的な証しとなります。
封印の目的はナンバープレートの取り外しを防止するとともに、車両の盗難犯罪を防ぐ重要な役割があります。そのため、封印が外れていたり破損している場合は、取り締まりの対象になります。
現在のところ、封印はアルミ製。東京なら「東」、大阪なら「大」といったように、封印の表面には地方運輸局に属する各陸運支局の刻印が入っています。

車検辞典に戻る