構造等変更検査(自動車検査) - 車検時典では専門的な車検用語を解説します。

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検辞典 > 
  3. 構造等変更検査(自動車検査)
車検辞典 【構造等変更検査(自動車検査)】 こうぞうとうへんこうけんさ

構造等変更検査とは、自動車の長さ、幅、高さ、最大積載量、乗車定員、車体の形状などを変更した際、保安基準に適合しないおそれがある場合に受ける検査です。
平成18年6月から施行された改正道路交通法により、放置違反金を滞納して公安委員会による督促を受けた自動車使用者は、構造等変更検査時に、放置違反金を納付したこと又は徴収されたことを証する書面を提示しなければ、自動車検査証の交付を受けることができません。

車検辞典に戻る