格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 初めてガイド > 
  4. 車検の申し込みってどうやるの?

車検の申し込みってどうやるの?

車を所有している場合には、車検という検査が義務づけられています。
ついうっかりして車検の時期を逃さないためには、早めに予約をするようにしましょう。

車検の申し込みってどうやるの?

車検の予約は余裕を持ってするのがおすすめ

車検は1か月前から受けることが可能です。
「そんなに前から受けなくても・・・」と思ってしまう方もいるでしょうが、実はこの余裕を持ったタイミングがポイントなのです。
車検の切れる1週間前に業者に予約をしても「混雑のために予約が取れない」などの可能性もあり、慌ててしまうことも多いものです。
せっかく1か月前から受けられるのですから、早めに予約をしておくことをおすすめします。

車検は法で定められているってホント?

どうやって予約をするの?

車検を受ける時は一般的にはディーラーや自動車整備工場に依頼する人が多いです。
ディーラーなどでは、車検のお知らせハガキを郵送してくれることもあり、忘れずに済むのが嬉しいサービスです。
車検の依頼の方法ですが電話予約の方法もありますが、インターネットで簡単に予約する方法も人気となってきています。
また、予約の前にインターネットを使用して車検の見積をとってみるという人が最近では増えてきています。
依頼する車検業者によって費用も異なるので、比較検討してから正式に予約をするのも費用を抑えるコツになります。

>車検は絶対受けるべきもの?

ユーザー車検って何?
予約方法って難しいの?

車検業者に頼まず、自分自身で車検を受けることを「ユーザー車検」と言います。
ユーザー車検は自分で事前に予約をしてから車検を受けることになります。
乗っている車のタイプによって、予約方法が異なります。

普通乗用車

普通車の場合は陸運局で車検を受けることになりますが、「自動車検査インターネット予約システム」から全国の陸運局の予約が可能です。
国土交通省のサイトからアクセスしましょう。
また陸運局に直接電話で予約することもできます。

軽自動車

軽自動車の車検を受ける場合には、軽自動車検査協会への予約が必要です。 「軽自動車検査予約システム」を利用して予約をするか、自分が居住する管轄の軽自動車検査協会へ電話をして予約をします。

ユーザー車検って何?予約方法って難しいの?

ユーザー車検は自分で車検場に持ち込みをするという手間もかかるので、多くの人はディーラーや民間整備工場で車検を依頼するようです。

なお、電話予約あるいはインターネット予約のどちらにしても、車の情報の詳細が必要になるので、手元に車検証を準備してからの予約をおすすめします。