格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 初めてガイド > 
  4. 車検にかかる費用は?

車検にかかる費用は?

車検は車を所有しているならば定期的に行わなければいけないものです。
でも、その都度費用がかかるので「できることなら安くおさえたい」と思いますよね。

「私は軽自動車だから安いかしら」「ワゴンに乗っているから高いのかしら」など、車種によって合計費用が変わるイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

車検にかかる費用は?

車検の法定費用部分は車種によって金額は異なる?

車検の費用は法定費用と車検基本料に分けられていますが、法定費用の自動車重量税は次のように金額が決まっています。

軽自動車=6,600円
1.0tまでの小型車=16,400円
1.0〜1.5tまでの中型車=24,600円
1.5〜2.0tまでの大型自動車=32,800円


ちなみにエコカー減免適用車はそれぞれ若干安くなっています。
また車検を受ける業者はディーラーから民間整備工場、ガソリンスタンドなどさまざまですが、受ける場所によって車検基本料の部分の金額に開きがあります。
車検の合計費用は所有している車種と受ける場所によって異なるのです。

車検の法定費用部分は車種によって金額は異なる?

それ以外のお金ってかからないの?

点検整備によって劣化した部品の交換や、オイルなどの消耗品の交換が必要になればその分費用は上がってきます。
お店によっては、部品や消耗品の価格も異なっているため、全体的な費用が異なってくるのですね。

見積をとって比較するのは重要?

新車購入から3年目で始めての車検がやってきますが、それ以降は2年ごと。
その度に費用がかかってしまいます。
「だったら安いところで車検をした方がお得?」と思う方も多いでしょうね。
そこでおすすめなのは、複数の業者に車検の費用についての一括見積をとってみることです。
インターネットを使うと、画面に沿って情報を入力していくだけで簡単に費用の目安を知ることもできます。

見積をとって比較するのは重要?予約方法って難しいの?

実際に店舗に足を運ばなくてもOK?

インターネットを利用して見積をとることができるのはとても便利です。
ただし概算の費用の見積しか出ませんので、正式な金額を知りたい場合には一括見積をとった後に、気になった車検業者に直接持ち込み見積をとってもらうことをおすすめします。

実際に見てもらうことで、消耗品の追加料金の費用についても詳しく教えてもらうこともできます。
また、店舗に行ってみると対応の良さなども見極めることができるでしょう。
大切な愛車の車検は、信頼できそうな業者を選んで頼みたいものですね。

実際に店舗に足を運ばなくてもOK?