格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 初めてガイド > 
  4. 車検基本料(点検整備費用)って?

車検基本料(点検整備費用)って?

初めての車検の時には「何がどのくらいかかっているの」と費用面で不安に思ってしまうものです。
車検費用は「法定費用」の部分と「車検基本料(点検整備費用)」の部分とに分かれています。

車検基本料(点検整備費用)って?

法定費用って?

法定費用は所有している車の重量によって額が変わる「自動車重量税」、審査や車検適合証を発行する際の手数料として「印紙代」、一台の車につき必ず加入が義務づけられている「自賠責保険料」という3つの部分によって構成されています。
特に自動車重量税は、軽自動車、1.0tまでの小型車、1.0〜1.5tまでの中型車、1.5〜2.0tまでの大型自動車によって重量税がかなり変わってきます。
ここは所有している車の車種によって異なると覚えておくといいでしょう。
これらすべてを「諸費用」と表わすことも多いです。
諸費用は国や保険会社に払うものですから、どの業者で車検を受けても価格が決まっています。
この部分の費用はどの車検業者へ依頼しても一緒なので「安く抑える」ことはできないのです。

車検基本料(点検整備費用)って?

車検基本料(点検整備費用)って?

さまざまなお店で車検が受けられるので「なるべくなら安いお店で受けたい」と思う方も多いかもしれませんね。

しかし、お店によって費用に大きな開きがあるのはなぜでしょう。
法定費用の部分は、どのお店で受けても同じなのですが、車検基本料と言われる部分が違っているのです。
車検基本料の部分には、点検整備代、代行手数料、検査代が含まれます。
定められた点検項目に沿って点検をする際の検査代、その結果、不具合などがあれば検査に合格するための部品交換や整備をする整備技術料金および部品・消耗品代、車検業者が代行で届出の手続きをする代行手数料となっています。
また付帯するサービス料金が含まれる場合もあります。
安く抑えたいと思ったら、車検基本料(点検整備費用)の部分の価格を比較検討してみるといいですね。

車検基本料(点検整備費用)って?

ユーザー車検の場合は法定費用部分だけでOK

車検を自分でやってしまおうというユーザー車検であれば、費用は「法定費用」の部分だけでOKになりますよね。
とは言っても「ユーザー車検」は手間がかかるイメージが大きいですので、一般的には車検専門業者に依頼する人がほとんどです。

ユーザー車検の場合は法定費用部分だけでOK