格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. 法定24ヶ月点検って?

法定24ヶ月点検って?

車検というと「ディーラーや自動車工場に車を出して検査してもらうもの」とイメージしている人が多いかもしれませんが、実はちょっと違います。

法定24ヶ月点検って?

法定24ヶ月点検は車検とは違うの?

一般的には、車検時の時にはディーラーや整備工場にお願いしている方が多いのではないでしょうか。
その場合「車検をお願いします」という依頼をしていますよね。

実際には法で決められた基準に達しているかの検査をする部分と法で決められた項目に沿って車の細かい部分を点検および整備してくれる法定24ヶ月点検の部分と二つをセットとして「車検」とされています。
実は法定24ヶ月点検の部分は公道を走る車としては、ものすごく重要な部分なのです。
この法定24ヶ月点検は、車検時に実施しなければならないと定められている「法定点検」のことを言います。
そのため、指定整備工場などに車検を頼んだ場合にはしっかりと行ってくれるので安心です。

一方、ユーザー車検を代行してくれる業者などは、検査そのものを代行してくれる業者ですから「法定24ヶ月点検」は行ってくれません。
ユーザー車検を自分で行う場合も、代行業者に頼む場合にも法定24ヶ月点検の項目に沿って点検および整備をしなければならない・・・と法律で定められているのです。

このように「車検の費用が安い」場合には、法定24ヶ月点検が入っていないこともあるのでしっかりとチェックしておく必要があります。
この部分を怠ってしまうと、急な故障やトラブルによって事故を起こしてしまうリスクもあるので注意しましょう。

法定24ヶ月点検は車検とは違うの?

プロがしっかりチェックしてくれる法定24ヶ月点検

車を運転する場合には、車をベストコンディションに保つことは当然の義務とも言えますよね。
例えば、タイヤがパンクしていた、ライトの電球が切れていたなど私たちが目視でチェックできるものなら、日ごろ気をつけていれば発見しやすいですよね。

でも、車の内部の部分については目に見えないので、劣化したり不足したりしていても気づかずに運転を続けてしまいます。
その劣化によっては「エンジンが急にかからなくなった」「ブレーキのききが悪かった」など事故を起こしかねない状況になってしまうことも・・・。
こうした目に見えない部分の部品や消耗品について、エンジン回り、ブレーキ回り、ハンドル回り、電気装置部分、タイヤ周辺、動力伝達装置など細部にわたって、プロの目線で点検を行ってくれるのが車検時の点検なのです。

法定24ヶ月点検って?