格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. 車検に合格しない事例

車検に合格しない事例

車を持っている人にとって、公道を走るために危険がないかという検査を定期的にすることは義務でもありますよね。
それが「車検」です。車検に出すからには「車検に合格する」ということが最も重要ですが、「車検に合格しない」車もあるということを覚えておく必要があります。

それでは、車検に合格しない車の具体的な例をご紹介していきます。

車検に合格しない事例
フロントガラスに車検標章
以外の貼りものをしている
フロントガラスは車を運転する上でとても重要な部分です。
前方が見えないことで交通事故のリスクも高まりますよね。
そのため車検標章のステッカー以外の貼りものを貼ることはNGです。
ちなみにフロントガラス以外の部分(リヤガラスなど)へのステッカーはOKです。
ガラスに暗めのフィルムを
貼ってある
カーフィルムは運転の支障にならないかが問題となっています。
運転席および助手席の窓部分に可視光透過率が70%未満の暗いフィルムを貼ってある場合、車検は通りません。
タイヤのサイズが規定外 安全のためには規定に合ったタイヤのサイズが必要です。
またタイヤの溝も1.6mm未満だと合格しませんので、溝が減り過ぎているような場合には、新しいタイヤに取り替えなければなりません。
車高が9センチよりも低い 地面から車のボディの下部の部分の間は最低でも9センチ以上なければならないことになっています。
ウィンカーやライトの
不具合がある
点灯しない場合はもちろん車検に合格しませんが、ヘッドライトの場合は明るすぎるライト色も車検に通らないことがあります。
エンジンオイルの漏れ 漏れている場合は不合格となり交換が必要になります。
バンパー・スポイラーなど
が危険
最近では「エアロパーツ」と言って、車をドレスアップした外観にする人も増えていますよね。しかし、これらにも車検では規制があります。

バンパーが地面から少ししか離れていない、出っ張り過ぎている場合など、明らかに危険と判断されるとNGサインが出ます。
また、車の後部に取り付けるスポイラーも、尖っていたり、運転時に後ろ部分の視界が悪くなったりしていることも車検は通りません。

このように車検では、車の外観や室内、足回りなど細部に渡って基準項目に沿ってチェックがされます。
不具合箇所があって車検に不合格しても、修理や交換によって不具合を直して車検を受けることが可能です。