格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. 車検の有効期間

車検の有効期間

車に乗っていると車検を受けなければいけないと法律で定められています。
車検には車種別に有効期間が決められていますので、その有効期間が切れてしまわないように気をつけるようにしなければなりません。

車検の有効期間が過ぎた車で公道を走らせると重い罰則まであるのです!
では車検の有効期間についてお話ししていきたいと思います。

車検の有効期間

車検の有効期間は車種ごとに異なる

実は、この「有効期間」、車種によって細かく設定がされています。

一般的な人が乗る自家用車(軽自動車も含む)は、新車購入時に3年間、以後2年ごとが有効期間になっています。
ちなみにバスやタクシーなどは1年ごと、軽貨物自動車は2年ごとなど、車種によって有効期間は異なるんですね。
またバイクの車検はどうなの?と思いがちですが、これは排気量が250ccを超えた自動二輪車は初め3年、以下2年ごとと決められていて、バイクと言え排気量があるものは車のように車検が課せられるんですね。

車検の有効期間は車種ごとに異なる

車検の有効期間はずっと変わらない?

かつて「10年経過した車は1年ごとの車検が必要」という時代がありました。
新車登録してから10年目までは初回3年間、以後2年間というところは現在と変わらず、10年を経過した後は1年ごとの車検だったのです。

しかし、この制度は平成7年に廃止されましたので、現在は10年経過しても2年ごとです。
平成7年までは「10年過ぎたら1年ごと」だったので、いまだ間違った認識を持っている人がいますが10年を超えても2年ごとと覚えておいた方がいいですね。
ただし、10年を経過してくると車は劣化も出てきますから日常的に不具合がないかのチェックを自身で行い、気になる点があれば車検ではなくても整備工場などに持ち込み点検してもらうようにするといいでしょう。

有効期間が過ぎたらアウト?

車検の有効期間が過ぎれば車検が受けられない!?なんて慌てなくても大丈夫です。
たとえ有効期間が過ぎても車検は受けることができます。

ただ、車検が切れた車では公道を走ることはNGですし厳しい罰則があるので要注意です。
業者に頼んで車を取りにきてもらうか仮ナンバーを申請して業者に運ぶかで、車検をきちんと行いましょう。

有効期間が過ぎたらアウト?

車検は有効期間満了の1か月前から受けることができる

「車検切れ」という事態になってしまうと費用が余計にかかってしまうので要注意です。
車検は有効期間満了の1か月前から受けることが可能ですから、早めに受けることをお勧めします。