格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. 車検証表記の見方

車検証表記の見方

車を持っている人なら「車検証」と言われると「あ〜、あれね」とピンとくるかもしれません。
でも、確かに持っている気もするけれど、しっかりと見たことがないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの車検証の内容、車検証表記の見方についてお話ししていきたいと思います。

車検証表記の見方

車検証はとても大事なもの

一般的には「車検証」と言えば話が通じるものですが、実は正式名称は「自動車検査証」と言います。
車検証には車の情報が細かく記載されていて、自動車を運転する上でとても大事なもので、「常に車に携帯しておかなければならないもの」とされています。

運転する人に運転免許の携帯が必須なのと同じくらい重要なものなのです。

車検証の見方

車検証には次のような車のあらゆる情報が細かに記載されています。
まず、基本的な情報として次のような記載があります。

「自動車登録番号または車両番号」の部分には、車の前面と後面にあるナンバープレートの番号が記されています。
「初年度登録年月日」の欄には、車が新車登録された年月が記されているので、これを見れば「この車が何年経過したか」が分かります。
また「所有者の氏名又は名称・住所」の欄には所有者情報が記載されます。
車をローンで購入した場合には、この欄は販売店であるディーラー、ローン会社が記載されています。
支払いが終了するまでは、ずっとそのままです。

そして「使用者の氏名又は名称・住所」の欄は、基本的には所有者と一緒ですが、ローンで購入した場合には、所有者欄が販売店等、使用者欄が購入者で記載されることになります。

次に大事な部分が「有効期間の満了日」
車検の有効期間の満了日ですから、これが過ぎてしまうと公道を走ることができません。
「車検はいつだったかな〜?」と不安になった時は、車検証を取り出してこの欄を確認しておきましょう。

車検証の見方

車検証を失くしてしまった!

一般的には車のダッシュボードなどに、車検証を常に入れておくという方が多いものです。
常に持っている義務があるので、忘れないように車に入れたままという人が大多数ではないでしょうか。

ただ、何らかの原因で失くしてしまった・・・なんて場合はどうしたらいいのか、参ってしまいますね。

でも車検証は一定の手続きをすれば再発行できます。
「失くしてしまった」ということに気付いた場合には、早めに再発行しておくようにしましょう。