格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. 指定工場と認証工場の違いとは?

指定工場と認証工場の違いとは?

車を所有していると車検を受けなければならない時期が定期的にやってきますが、受け方として主流なのがディーラーや整備業者などに頼むことです。
でも、その中には「指定工場」とか「認証工場」などがあり「違いって何なの?」と思ってしまいますよね。

指定工場と認証工場の違いとは?

指定工場と認証工場の違いとは?

どちらの工場も車検のために整備をする設備がしっかりと整っていると国から認められている工場です。
そして、国家資格である「国家二級整備士」が勤務しているというところが共通点。
両者ともに車検を受けるには、申し分ない工場であることが分かりますよね。

指定工場であるか認証工場であるかは、工場に表示されているプレートで確認することができます。

では、いったい何が違っているのでしょうか。

指定工場と認証工場の違いとは?
指定工場の特徴

別名「民間車検場」とも言われている工場で、車検の検査そのものを自社の工場内で行うことができる「検査ライン」を持っているのです。

つまり、自社工場内に検査ラインを持っているために、車検のために依頼された車を陸運局に持ち込まなくても済むことになります。
当然、その分の時間や手間が省略されることになるのです。

自社内で車検の検査を終了すれば書類を陸運局に持ち込み車検証の発行をするだけでOKなので、依頼から車検終了まではものすごくスムーズになります。

大多数の場合は、事前に予約をしておくことにより、たった1日で車検が終了する「1日車検」をしていることが多いです。ディーラーを始め、車検専門の業者の大多数がこのように指定工場になっています。

また指定工場の認定を受けるためには国からの厳しい基準をクリアすることが求められています。そのため検査の内容も国の検査場と同様なものを実施しているので、指定工場で受ける車検は「安全・安心」と感じることができるという人も多いようです。

認証工場の特徴

車検を受けるための点検整備は、国家資格を持つ整備士もいるのでしっかりと行ってくれます。
ただ、指定工場と違って点検整備を行った後、依頼された車を車検場に持ち込みをしなければなりません。

その分、時間がかかるため数日間は自分の車が戻ってこない不便さはあるかもしれません。
「代車が苦手」という人にはデメリットかもしれませんね。