格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. 車検切れと仮ナンバー交付

車検切れと仮ナンバー交付

「つい、うっかり車検を切らしてしまった!!」

こんなことがあったら、慌ててしまいますよね。
厳しい罰則があるので、このままでは公道を走ることができません。
そこで車検切れの場合には「仮ナンバー」を交付してもらって車を走らせる必要があります。

車検切れと仮ナンバー交付

仮ナンバーって何?

仮ナンバーは文字通り「仮のナンバープレート」のことです。
車検切れの車などを「臨時的」に輸送する場合に限って運行が許可されます。
車検が切れていた場合には、仮ナンバーをつけることによって、陸運支局や自動車整備工場まで運転することができるようになります。

普通のナンバープレートに斜めに赤い線が入ったものなので、皆さん一度は見かけたことがあるかもしれません。

仮ナンバーって何?

仮ナンバーの交付はどこでするの?

自分が居住する管轄の市町村役場で交付の申請をすることになります。
仮ナンバーを申請するには、運転免許証や印鑑、車検証などの書類が必要ですが、自賠責保険の証書も必要です。

車検が切れてから長く経過している場合には、自賠責保険も切れている・・・なんてこともあるので、注意が必要です。

仮ナンバーは自分でもできる?

仮ナンバーは自動車整備業者に代行してもらうこともできますが、仮ナンバーを発行してもらう手数料にプラスして、代行手数料も必要になります。

自分で申請する場合には仮ナンバーを発行してもらう手数料の750円だけで済むので節約にもなりますよね。

必要書類がしっかりと揃っていれば、即効で仮ナンバーの貸し出しを行ってくれるので難しくありません。

仮ナンバーは自分でもできる?

仮ナンバーの貸出期間は短い?

仮ナンバーを借りたからと言って安心するのはいけません。実は、仮ナンバーは貸出期間が3日間という短さ。
臨時運転は有効期間を過ぎないように気をつけましょうね。

申請経路以外の場所は走行NG?

仮ナンバーを申請する時には、運行経路を記入する必要があります。
このナンバーは「臨時に運転してOKですよ」という特例のナンバーです。
そのため、仮ナンバーをつけた車で申請経路以外の場所をドライブしていた・・・なんていうのは、違反になってしまいます。

あくまでも臨時的な目的のみ許可されているので注意しましょう。