格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. ユーザー車検の受け方

ユーザー車検の受け方

「車検」というと、ディーラーや自動車整備工場に頼むというイメージが大きいですが、実は自分で車検を受けることができるのです。
それが「ユーザー車検」というもの。
もしかして耳にしたことがあるという方もいるかもしれませんね。

ユーザー車検の受け方

車検は自分でもできるってホント?

かつては車検というとディーラーや自動車整備工場に頼むことが一般的でした。
そもそも、その方法しかない時代には費用が高くても「仕方がない」と思っていたかもしれませんね。

そして時代が流れて「車検は自分でもできるよ」という書籍が発売されたり、インターネットなどで情報を知ることができたこともあり「費用が安く済むなら・・・!!」などと注目されるようになってきました。

最近では、車検を受ける方法のひとつとして考えられています。

車検は自分でもできるってホント?

ユーザー車検は費用が安い!!

そもそも車検にかかる費用はどういった構成になっているのでしょう。

@ 法定費用

自家用乗用自動車や軽自動車、バイクなどの車種によって保険料が変わる「自賠責保険料」、車両重量やエコカーなどによって税額が変わる「自動車重量税」、「検査手数料」です。
この法定費用はディーラーで受けても整備工場で受けてもユーザー車検で受けても一緒です。

A 諸経費

法定24か月点検費用、検査料、代行手数料が諸経費とされていますが、この費用はどの業者に頼むか、また車の大きさなどによってだいぶ変わってきます。

通常、業者に頼む車検は@+Aの費用がかかるのですが、ユーザー車検をすることでAの部分が節約できることになりますね。

ユーザー車検の受け方

  • ・検査当日までは必要書類を準備しておく
  • ・事前にインターネットで予約をする
  • ・当日は受付窓口にて書類を提示、必要書類の記入をする
  • ・自動車重量税や検査手数料を支払う
  • ・自賠責保険の加入の手続きをする
  • ・検査官の指示に従って検査場に入場して受験する
  • ・ステッカー(検査標章)が交付される

車検は検査レーンで検査を受けますが、始めてで不安な人は窓口に申し込むと検査前に検査レーンを見学することもできます。

ユーザー車検のデメリットは?

「費用が安い」というメリットは大きいですよね。
事前に必要書類を揃えておき、費用を持参することで数万円の費用が節約できるなんて魅力的な方法とも言えます。

だからといって「ユーザー車検」の方がいいのかというと、それは個人次第です。
実は最近ではユーザー車検を行う方でも「費用の節約」に重点をおく方が増えてきています。

定期点検を普段していない人が「車検を通すため」だけに手間をかけてユーザー車検をすることもあります。
仮に車検が通ったとしても点検部分が省かれていることで、車検後に故障を起こして事故にあってしまう可能性もあります。

業者に車検を依頼するメリットは部品交換や欠陥部分を指摘してくれるところ。
また、部品があればすぐに交換もしてくれます。
ユーザー車検と比べると費用はかかるものの、安全面ではプロの確かな目で判断してくれる魅力があり「安心感」を得ることができるのではないでしょうか。

ユーザー車検のデメリットは?