格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイトです。

お問い合せ

車検お役立ち情報

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検 お役立ち情報 > 
  3. 車検 豆知識 > 
  4. バイク車検

バイク車検

風を受けながらドライブができるバイクは、車とは違った魅力がありますよね。
自動車のように維持費もかからず渋滞した道もスムーズに走れることもあり、所有している方も多いかもしれません。

そこで気になるのがバイク車検。
実はバイクも車検が必要ですが、「バイク」と名のつくものすべて「車検」が必要なのでしょうか?

バイク車検

バイクは250ccを超える排気量の場合に車検が必要

一口に「バイク」と言っても、すべての種類に車検の義務があるわけではありません。
バイクの種類は排気量によって分けられ、手軽に走れるものとして多くの方がご存知のスクーターと言われるタイプは排気量50ccの「原付自転車」からありますよね。

50cc程度だと近所の移動には大変便利ですし、「原付免許」さえあれば運転できます。
ただし、二人乗りはできませんし高速道路もNGなんです。

「軽2輪自動車」と言われる排気量が51〜125ccになると二人乗りもできます。

そこで「車検はいったいどのくらいの排気量から?」が気になるところです。
バイクは排気量が250ccを超えると車検が必要になってきます。

また400ccを超える排気量の大型バイクは維持費もそれなりにかかりますが、バイクの醍醐味である「風を切って走る」ことが体感できるのが魅力ですよね。

法定24ヶ月点検は車検とは違うの?

バイクの車検の有効期間は?

バイクの車検は2年ごとに受けなければならないとされています。

バイク車検にかかる費用は

バイクは車検のあるなしにかかわらず、すべてのバイクに自賠責保険に加入することが義務づけられています。
車検がない250cc以下のバイクだと自賠責保険の加入を忘れてしまうということもあるかもしれませんが、公道を運転するために必要だということを認識しておく必要があります。

車検時には法定諸費用分の「重量税+自賠責保険料+検査手数料+印紙+用紙代」の2万〜2万5000円ほどが費用としてかかりますが、この部分は250ccを超える排気量のバイクすべてにおいて同金額です。

整備料金が排気量によって変わるので一概には言えませんが、バイク屋さんに車検を依頼すると整備料金が加算されて5〜7万円程度かかってしまいます。

そこで手数料を節約するために、自分で行うユーザー車検を利用する方もいるようです。

※EPARK車検ではバイク車検は行っておりません。