車検で気づける!タイヤ交換をすべきタイミング

車検予約ならEPARK車検

更新日:2018/05/15 公開日:2017/12/21

車検で気づける!タイヤ交換をすべきタイミング

車検の検査項目の一つに、タイヤに関する項目があります。
タイヤは車の命とも言えるため、タイヤの破損は大きな事故を招きます。
安心・安全にドライブを楽しむためにも、車検でタイヤの劣化度を確認しタイヤ交換をしましょう。

目次

車検時のタイヤの点検項目はこれだけある

タイヤは車の部品の中で一番酷使されている部分なので、車検では特に念入りに見られます。

車検にあたっての点検項目は主に「トレッド磨耗」「タイヤ内の空気圧」「偏磨耗」「ひび割れ、キズの有無」です。
偏磨耗とは、中央部分のみ、またはサイド部分のみなどタイヤの一部分が異常に磨り減っている状態のことです。
これら4項目の中でも、トレッドの磨耗が一番重視されているようです。
トレッドとは、タイヤの溝のことです。
事故を防ぐにあたって大切な溝ですが、磨耗は車を走らせている限り必ず起こることなので必ず定期的な点検が必要です。
「見ないうちにこんなに磨り減っていたなんて…」なんてこともあるかも知れません。 日常的な点検をして車検に備えましょう。

タイヤ交換が必要な状態とは

タイヤの溝から確認していきましょう。
タイヤの側面を見ると所々に、三角のマークがあります。この三角マークの先の溝内に、少し盛り上がった部分があります。
これを「スリップサイン」と呼びます。タイヤが磨り減るとこの盛り上がりが浮かび上がり、やがて溝が途切れます。この状態がとても危険であり、車検では必ず引っかかるポイントです。
車検に出す前に確認するようにしましょう。
その他にも、偏磨耗、ひび割れ、キズの有無は、一目見ればすぐに分かるものですが、一番分かりにくいのは空気圧です。
空気が抜けてくると基本的に側面がたるんできますが、ロープロタイヤの場合はたるみがあまり見られません。
このような専門的な部分は車検で見てもらい、異常があった場合は速やかにタイヤ交換をしましょう。

タイヤのひび割れやトレッド摩耗の怖さ

タイヤのひび割れは、放っておくとタイヤの破裂を起こします。これを「バースト」と言います。
走行中のバーストはスリップや道路外の逸脱を招き本当に危険なため、ひび割れには充分注意しなくてはいけません。
被害者にも加害者にもならないために、バーストするようなことがないように普段から点検しておきましょう。
トレッドにはタイヤが滑りすぎるのを防ぐという大事な役割があり、雨の日でも安心して運転をするために必要です。
事実、磨り減ったタイヤは通常の32%も滑るという実験データが出ています。
突然子どもが飛び出してきたら…なんていう「もしも」を考えたら、車検で溝の磨耗を重視するのも納得ですね。
車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
EPARK車検のランキング

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

車検とパーツについて

このエントリーが役に立ったらシェアしよう!