サイドスリップ - 車検時典では専門的な車検用語を解説します。

  1. EPARK車検 > 
  2. 車検辞典 > 
  3. サイドスリップ
車検辞典 【サイドスリップ】 さいどすりっぷ

直進時のタイヤの横滑り量で、サイドスリップテスターで計測される量をいいます。
1km当たり1mの横滑り量を1とし、前進時の操舵輪について、5以下を許容し、3以下を望ましい範囲としています。
サイドスリップ量は、キャンパー角とトー角によって決まり、バイアスタイヤが主流の時代には、両者のバランスをみる指標として積極的な意味がありました。
しかし、キャンバースラスト小、コーナリングパワー大のラジアルタイヤが主流となった今日では、意味合いも変わりつつあります。
欧米では規制されておらず、近年、規制緩和も含め弾力的に運用され、また見直しを検討する動きもあります。
前進と後退で値がまったく異なるが、これはトーの影響が進行方向で逆転するためです。
車検の検査項目でもあります。

車検辞典に戻る