長野県

EPARK車検は長野県の格安な車検情報が満載です。

  1. EPARK車検 > 
  2. 長野県の車検店舗情報

ご存じですか?サブスク洗車の「Wash Pass」

  • Wash Pass(ウォッシュパス)はアプリを使用したサブスク洗車です。
    月額定額制の「セルフ洗車機洗い放題サービス」なので天気やお財布を気にせず、毎日が洗車日和です!店舗はどんどん拡大中!給油割引特典の店舗もありますよ!

    長野県のサブスク洗車の店舗を探す!

  • 都度払い決済をご希望の方には、事前にクレジットカードを登録するだけの「Wash Pay」もございます!Wash Passとの組み合わせも可能!
    ぜひご活用ください!

    washpayの店舗を探す!

お宝Column 発行者:EPARK車検事務局
編集責任者:宮崎

クルマの知識 (Knowledge of a car) - 長野編 - 高速道路の開通で日本の中心地へ

長野県データ 雄大な自然、特色ある風土・文化が魅力的な長野県。海に面さず、南北220kmにもなる日本で4番目に大きな土地で、多くの観光客や冬期はスキー客等でにぎわうイメージが強い都道府県ですが、1990年代前半頃までその長野県が『陸の孤島』と呼ばれることがあったそうです。かつては信州・信濃の国として江戸時代には甲州街道、六十九次、北国街道、中山道など国内東西南北を結ぶ交通の中心地である歴史を持っていましたが、日本の屋根と呼ばれる日本アルプスに代表される山岳地帯に四方を囲まれている特殊な内陸県であり、基本的に都市と呼ばれる地域は山々に挟まれた盆地となってしまいます。結果、他県や関東地方等との行き来が非常にしづらい地理的事情がありました。そのような状況に終止符を打つ、長野県にとって大きなキッカケとなったのが高速道路(長野自動車道と上信越自動車道)の開通と整備です。1993年3月、長野県自動車道の全線開通により、これまで峠を越えなければならなかった県内各地域の交通の利便性が大幅に改善されました。そして同年に上信越自動車道との接続、さらに1999年の上信越自動車道と北陸自動車道との接続に至ったことにより、関東、上越地方と長野県を中心に一本の高速道路で結ばれました。この上信越自動車道は東京から北陸を結ぶ最短ルートとして物流や観光客の利用が増加し、1998年の長野冬季オリンピックにおいても非常に重要な役割を果たしたそうです。

長野県データ

編集だより

個人的に、高速道路の建設ってどうしても悪いイメージしかなかったので今回のように非常に役に立った、生活を変えることとなった一例として取り上げました。その上信越自動車道ですが、途中50km以上給油所がない区間があり、走行の際は燃料切れに注意する必要があるとのこと。更に基本は4車線の高速道路ですが実は信濃町IC-上越JCTは未だに2車線なんだそうです。この区間は渋滞や事故も多い為、2009年4月に4車線への整備計画変更が決定したはずでした。が・・・、2009年度補正予算の見直しに伴い事実上4車線化事業が凍結されてしまったそうです。結果的にそれ以降も渋滞が多々発生したため凍結は解除された※ようですが、一概に道路の建設は悪、とせず冷静に必要の有無を見極めていくことが重要だと感じる次第です。 ※2012年4月に事業の再開が発表され、2018年に供給される予定で設計が進められています。

ピックアップ

戻る  トップページへ