宮城県

EPARK車検は仙台市の格安な車検情報が満載です。

  1. EPARK車検 > 
  2. 宮城県の車検店舗情報 > 
  3. 仙台市の車検店舗情報

仙台市

宮城県仙台市の車検、ネット予約が大変お得!!
59

※当月車検のお客様の予約受付は毎月25日までとなっております。

カンタン!安心・おトクな車検予約!
超お得!EPARK車検限定の価格設定!おサイフにやさしい!

仙台市の車検店舗情報

青葉区

▼店舗一覧を見る

宮城野区

▼店舗一覧を見る

泉区

▼店舗一覧を見る

ピックアップ

ブランドから探す

ENEOS
エネオスの店舗を探す
ENEOS
シェルの店舗を探す
コスモ
コスモの店舗を探す
出光
出光の店舗を探す

お宝Column 発行者:EPARK車検事務局
編集責任者:宮崎

クルマの知識 (Knowledge of a car) - 仙台編 - 仙台市で進むEV自動車普及活動

仙台市データ 仙台市では、2014年5月に市役所の日常業務に使用する公用車として、電気自動車「i-MiEV(三菱自動車工業)」を導入致しました。同様に2013年8月12日、宮城県では経済産業省が実施している補助事業「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」に伴う充電器設置の補助制度を受け、「宮城県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」が公表されています。実は仙台市、如いては宮城県では、未だ記憶に新しい2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、電気自動車(EV自動車)とその充電設備の普及を積極的に推し進めています。何故震災以降というタイミングにおいて、そのような動きが活発になったのでしょうか。震災で被害を受けた仙台市では、ガソリンの不足状態による交通網の遮断が大きな問題となりました。その際、ガソリンやガスに比べて比較的早期に回復した電力を使用したEV自動車が、大きく活躍したことが理由の一つに挙げられます。さらに、万が一災害発生時に電力の供給が長期にわたってストップした場合、このEV自動車を予備バッテリーとする「災害時向け給電システム」として活用することを視野に入れました。仙台市では2011年11月頃より日産自動車と共同で、同社のEV自動車「日産リーフ」の駆動用バッテリーから避難所や防災拠点などの公共施設へ電力供給するシステムの実証実験を開始しています。仙台市内のEV自動車や充電設備の数(※右図参照)はまだまだ充分と呼べる状況には程遠いですが、震災の経験を生かしてこそ可能となる次世代技術の発展と施策に、引き続き注目が集まります。

仙台市の役立つ店舗情報(Store information)

編集だより

冒頭でも記載しました仙台市役所で導入されたEV自動車ですが、なんとキャラクター化され名前もついているようです。その名を「でんでんくん」。車輪がついた可愛らしいかたつむりのゆるキャラです。そのでんでんくん、仙台市内のあちこちのイベントに登場し、その静音性と低振動を体験できる電気自動車の普及活動に一役買っているそうです。さて、そんなゆるキャラにまでなってしまった電気自動車ですが、最近ではいわゆる自動販売機のように簡単に充電ができる、「急速充電スタンド」と呼ばれるものが設置されているそうです。実は仙台市はその急速充電スタンドも第一号だったそうで、2013年の4月頃から順次設置されています。自宅用等で用いられる100V電源を使用した普通充電と工業用の200V電源を使用した急速充電の違いは主に充電に必要となる「時間」のようですが、現在急速充電でも80%の容量を満たすのに20分~30分程かかるとのこと。2~3分で給油が終了するガソリン等と比べるとまだまだ課題は多そうですね。

戻る  トップページへ