神奈川県

EPARK車検は川崎市の格安な車検情報が満載です。

  1. EPARK車検 > 
  2. 神奈川県の車検店舗情報 > 
  3. 川崎市の車検店舗情報

川崎市

神奈川県川崎市の車検、ネット予約が大変お得!!
32

※当月車検のお客様の予約受付は毎月25日までとなっております。

カンタン!安心・おトクな車検予約!
超お得!EPARK車検限定の価格設定!おサイフにやさしい!

川崎市の車検店舗情報

川崎区

▼店舗一覧を見る

幸区

▼店舗一覧を見る

中原区

▼店舗一覧を見る

ピックアップ

ブランドから探す

ENEOS
ENEOSの店舗を探す
SHELL
シェルの店舗を探す
出光
出光の店舗を探す
コスモ
コスモの店舗を探す

お宝Column 発行者:EPARK車検事務局
編集責任者:宮崎

クルマの知識 (Knowledge of a car) -川崎市編- 交通利便性の高い「川崎市」

川崎市データ 川崎市は、横浜や東京との地域間流動がとても多く、交通網においても重要な位置付けを担っています。特に物流に関する交通量は多く、そのために、大型車の割合も高くなっています。全国の政令指定都市の中で見ると、静岡市に次いでの量となっています。人口や交通量からみた1人あたりの交通事故の件数は、他の政令指定都市と比べ低くなっています。その一方で、自転車の利用率は年々増加の傾向にありますが、それにともない、自転車の関係した交通事故が増えています。川崎市内に運行している鉄道は、6事業者、15路線54駅ととても多いのですが、そのために、踏切によって通行が遮断される道路も多く、渋滞を招く大きな要素にもなっています。バス路線などの公共交通の利用者や利用率も高く、鉄道分担率は、東京都の区部に次ぐ利用率(34%)で、運輸部門みると、1人当たりのCO2排出量は、政令指定都市の中では、最も低い数値になっています。とくに多い市と比べると、約1/3に排出量になっています。この数字は誇るべきものといえるでしょう。川崎市内の全交通の様子を調べてみると、全体の約45%が、近隣市区町村への移動のために通過しているとの結果が出ています。その内訳を見てみると、川崎市内で動く内々トリップ25%、外から川崎市に入ってくるもしくは川崎市から市外への内外トリップ数29%、川崎市を通過する通過トリップ45%です。とくに自動車にしぼってみますと、内々トリップ31%、外から川崎市に入ってくるもしくは川崎市から市外への内外トリップ数34%、川崎市を通過する通過トリップ35%というデータがあります。

川崎市の役立つ店舗情報(Store information)

  • 株式会社ENEOSフロンティア/若葉台店
    川崎市麻生区黒川558-1

    店舗画像

    車検総額 44,270円
    車検基本料 67%OFF

    Dr.Driveビット若葉台店は、鶴川街道沿いの若葉台駅入口近くのENEOSマークの店舗です。Dr.Drive車検では、お客様の立会いのもとで不良箇所をチェックし、お客様のご予算やご要望に応じた整備を目指しています。お車は車載トラックで大切に自社工場へ配送し、愛車をしっかりサポート致します。キズ・ヘコミ修理、コーティング…続きはこちら
  • 出光リテール販売株式会社/小杉店
    川崎市中原区小杉町2-271-1

    店舗画像

    車検総額 44,370円
    車検基本料 50%OFF

    川崎市中原区で車検・整備・洗車(手洗い泡ムートン洗車・セルフ洗車)・キーパーコーティング・保険・車の買取を取り扱っております、日新商事(株)横浜支店D.Dセルフ小杉SSです。車について疑問やお悩みがございましたらお気軽に当店までお問合せ下さい。(国土交通省 関東運輸局指定整備工場 第2-1619号)…続きはこちら
  • 出光リテール販売株式会社/川崎インター店
    川崎市宮前区土橋4-1-1

    店舗画像

    車検総額 46,470円
    車検基本料 50%OFF

    当社は自社整備工場を完備しており、車検から一般整備まで行えるサービスステーションです。国家資格整備士も常駐しておりますので、お車の事ならなんでもご相談も下さい!! 出光リテール車検は、プロのスタッフが点検から見積り、整備を直接行います。なのでお客様のお車の状態のご説明や整備内容の見積り確定…続きはこちら

編集だより

家を探すとき、学校や職場への通勤・通学の距離、買い物の利便性など1番に考えることは人それぞれです。ある調査では、川崎市に住む人を対象にしたアンケートで、住み替える時に重視したい項目に、交通手段の利便性を上げた人が86%になっていました。実際、川崎市を縦断する交通網は、バス鉄道ともに充実しており、徒歩や自転車の利用も含めると、自動車よりも公共交通手段の利用を希望している人の割合が高いことが分かっているのです。川崎市は、数ある政令指定都市の中で、面積が1番小さい市です。しかしその面積の中に、県庁所在地以外の都市の中では最も多い人々が生活しています。市が掲げる「誰もがいきいきと心豊かに暮らせる持続可能な市民都市かわさき」人気の秘密は、まだまだありそうです。

戻る  トップページへ