車検はどうやってスタートし、今どのようになっているのでしょうか?

2017.11.27

車検の歴史と今

車を持っていると、車検を初めて受けるような人も多くいるでしょう。
ここでは、車の車検とはどのようなものか? 車の車検は時間がどのくらいかかるか? についてご紹介しましょう。

車の車検とはどのようなものか?

道路を走行する車は、車検を2年ごと(新車の場合は3年目)に受けることが、日本の法律において決められています。そのため車検を受けないと、厳しく罰せられます。
車検を受ける際には、車の整備・点検を行って、自賠責保険に入る必要があります。
一般的に、車の整備・点検は、ガソリンスタンドやディーラーに車の車検を依頼して一緒に実施しますが、車についての知識があれば自分で車検を行う「ユーザー車検」を実施することもできます。
車検がもし日本の法律で決まっていなければ、トラブルになる車が多発し、ひどい事故が発生するでしょう。また、自賠責保険に入らない人が多くなることも考えられるため、交通事故で被害に遭っても補償を十分に受けられないようになるでしょう。
車は人の命を奪うものであるため、車検によって悲惨な事故を防止できます。

車の車検を受ける意味

「車の車検を受けたので次回の車の車検まで問題ない」と考えている人がよくいますが、これは間違った考えです。
というのは、車の車検の際には、法律で決められている「保安基準」に合っているかを確認するのみであるため、安全性について次回の車の車検まで保障するということではありません。そのため、車の車検に受かったとしても、次回の車検まで何もする必要がないということではなく、車検に受かるようないい状態のコンディションにするために、整備・点検を定期的に実施する必要があります。

日本の車の車検の歴史

日本の車の車検は、昭和5年(1930年)にバスやタクシーなどの安全性を保つためにスタートしました。
日本の世の中が、その後だんだん発展し、一般人でも車を持てるようになりました。そのため、昭和26年(1951年)に、車の安全性を保つために「車検制度(道路運送車両法)」が決められ、車の車検を受けることが義務づけされました。
車の台数がさらに多くなり、車の事故が多くなると、被害に遭った人を救うために、「自動車賠償保障法」が昭和30年(1955年)に決められ、自賠責保険に入ることが義務化されました。
従来、軽自動車は車検を受ける必要がありませんでしたが、軽自動車についても昭和48年(1973年)に義務化されました。その後、環境に配慮するために平成14年(2002年)に「自動車リサイクル法」が制定され、リサイクル領収書が車検を受ける際に必要になりました。
日本の車検は、このように、世の中の発展と車の台数、環境への配慮などによって、だんだんと変化してきています。

車検は時間がどのくらいかかる?

従来は、車検は数日かかっていましたが、「30分車検」や「1時間車検」など、非常に速いものが最近は多くなってきました。
車検が短時間で終わるのは、多くはフランチャイズ系の業者です。
車検は、一般的に、24ヶ月法定点検を実施して、具合が悪いところがある場合は整備して、最後に検査を行います。異常がなければ保安基準をクリアしたということで、新しい車検証が入手できます。指定工場でも、一般的には車の車検は数日かかりますが「30分車検」や「1時間車検」などの場合は短時間で車の車検が終わります。
では、どうして短時間で車の車検が終わるのでしょうか?
その秘密は車の車検をする方法にあるのです。
短時間の車の車検の場合は、徹底的に車の車検をする方法をマニュアル化しており、複数の整備士が1台の車に対して点検を同時に行います。
例えば、1人の整備士はエンジンだけを点検する、別の整備士は足回りのみを点検する、などというように、非常に効率的に流れ作業で点検します。24ヶ月法定点検の場合は点検項目が56項目ほどありますが、点検のみであれば15分もかかりません。複数の整備士で点検すると10分くらいで終わるでしょう。点検が終了してトラブルがない場合はテスター検査を実施しますが、5分〜6分くらいでこの検査も終わります。これ以外に時間がかかるのは書類を作る程度です。
検査が終了すると仮車検証(適合標章)が発行されます。これは仮の車検証ですが、車の車検の有効期限が過ぎている場合でも公道で運転することができます。
陸運局で新しいステッカーと車検証を発行するため、車検を受けた業者まで取りに行ったり、後日送ってもらったりする必要があります。
このようなことから、車の車検を短時間の30分で終了できることも理解できるでしょう。しかし、短時間で車の車検がこのように終了するのは、点検して問題が全くない場合です。
もし具合の悪い箇所が分かって、それが簡単に整備できる場合は問題ありませんが、パーツを新しく注文するようになると、数日間かかることもあります。

このエントリーが役に立ったらシェアしよう!

EPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

EPARK車検のランキング