複数のお店から車検のお見積を取ってベストな車検を受けよう!

2017.10.16

車検の無料見積は何社受けたら良いの?

車を所有している人にとって最も出費がかさむのは車検ではないでしょうか。車検費用は少しでも安く抑えたいものですね。
車検前に複数の業者から見積を取り、入念に検討したいものです。
今回は見積の取り方についてまとめてみました。

車検の前には複数の車検業者から見積をもらおう!

車検は、車検満了日の1ヶ月前から受けることができます。車検の準備は早めに開始したいものです。
近年車検は、「ディーラー車検」や、「ガソリンスタンド車検」、「カー用品店車検」、「民間整備工場」など様々なところで受けることができるようになりました。
各機関毎に整備内容などの特色が異なるため、メリットもあればデメリットもあります。

それぞれの機関で見積金額は異なってくるはずです。そのため、車検の前には、複数の業者に見積をもらうのが得策でしょう。見積を多数取ることで比較することができあなたの選択肢が広がるはずです。
見積のもらい方としては、ディーラー車検で1件、ガソリンスタンド車検で1件などさまざまな業種・店舗ごとに集めると良いでしょう。

数社受けると車検での整備内容を吟味できる!

車検の見積を複数の業種・店舗で取ると、それぞれの特色が分かります。
特に異なるのが整備・点検の内容です。見積の内容をしっかりと吟味することで、自分の価値観にあった業者に車検をお願いすることができるでしょう。
たとえば、ディーラー車検については、車検を通すための点検以外にも24ヶ月点検などをはじめとして多数の点検を行い、故障予防の見地にて整備を行います。
他のフランチャイズ機関については、車検を通すだけの必要最小限の整備に留めるところも多くあります。

安心を取るか、車検費用を少しでも安く済ますことを取るかはあなた次第です。
また、整備の工賃なども異なってきます。特に工賃について、ディーラーなどは高く、ガソリンスタンドなどは安めの傾向があります。こちらも車検の店舗を決める上で重要なポイントになるのではないでしょうか。

見積を取りすぎてもだめ?

見積は、ディーラーで1件、ガソリンスタンドなどで1件など、業種・店舗ごとに1件ずつ取るのがお勧めです。先に説明したとおり、業種・店舗ごとに特色が異なるので、それぞれの機関の車検に対する考え方の違いが明確に分かるはずです。
しかし、ディーラーで5件など、同じ機関で見積をとると、情報が混乱してしまいます。むやみやたらに見積を集めず、見積依頼先を絞ることも大切です。
車を車検に通すにあたって、車の交換すべき部品などは車の状態によって決まってきます。その交換部品の価格や交換工賃の違いさえ分かれば良いので、業種・店舗ごとに1件ずつの見積があれば十分でしょう。
尚、近年ではインターネットで手軽に見積を行うことも可能となっていますが、これらは車種や年式、走行距離などに基づいて見積を出すため、誤差が多くなりがちです。実際に車を見て見積を取ってくれる見積を信頼しましょう。
車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

EPARK車検のランキング