格安な車検を検索・比較ができる車検予約サイトです。

2017.7.25

車検と一緒に名義変更したい場合車検と一緒に名義変更したい場合

車検と一緒に名義変更したい場合

名義変更の手続きは運輸支局のみで受け付けています。
したがって車検と同時に手続きを行った方が効率的です。
そして車検と同時に車の名義を変更しない場合は税金の通知書類が届かないといったトラブルの原因になります。
余計な問題を回避する為にも車検と一緒に名義変更の手続きが必要となります。

名義変更を申請する場所

名義変更を申請出来る場所は車検時に足を運ぶ運輸支局です。
車検が切れている場合にはまず、車検を通す必要があります。
車検が残っていない場合は車の名義変更の手続きを進める事が出来ないからです。
一方で車検が残っている場合には先に名義変更の手続きを行ってから車検の更新作業を行うとスムーズです。
名義変更の手続きを進める場合には、車の車検の期限が切れているかどうかを確認する事が大切です。
また運輸支局以外の場所では名義変更の手続きを行う事が出来ません。
都道府県が運営する事務所や役場では税金の通知の送付先を変更する手続きは行う事が出来ます。
しかしながら、車検証に関わる情報を役場で修正する事は出来ません。したがって、名義変更を行う際には必ず運輸支局に足を運ぶ事になります。

車検時に代行業者にお願いすると楽!

車検時の名義変更は必ず本人が運輸支局にて手続きを行わなければならないという訳ではありません。
代行業者に依頼するという手段もあります。車検時に代行業者に名義変更を同時に依頼すれば、指示された通りの情報を記入するだけで後の手続きは全て任せる事が出来ます。
特に日中に時間が取りにくいユーザーにとって便利な方法です。
必要な書類は業者の方で全て用意するので、時間と手間をかけることなく、安心して手続きを行う事が出来ます。
しかし、注意点は代行業者に手続きを依頼する場合は報酬を支払う必要があるという点です。そして報酬額は業者によって異なります。
したがって、複数の代行業者をピックアップし、信頼に値するかどうかを見極める事が重要となります。

名義変更に必要な書類とは

車検と同時に行う名義変更の手続きに必要な書類は4つあります。
・旧所有者の印鑑証明書
・新所有者の印鑑証明書
・車検証
・新所有者の車庫証明書

が必要です。
特に注意しなければならない書類が印鑑証明書と車庫証明書です。
印鑑証明書の場合は発行日から3カ月以内が有効となり、車庫証明書は発行日から一ヶ月以内でなければなりません。
また、業者に名義変更を依頼する場合は更に3カ月以内に発行された譲渡証明書、旧所有者の委任状そして新所有者の委任状の3つが追加で必要となります。また発行元の実印の押印が必要となります。
業者に依頼する場合を除いて、名義変更を行う為には各書類の有効期限に注意して書類を揃える事が重要な点となります。
車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

>次のページへ 業者に提出を求められた任意保険、車検と何か関係あるの?

EPARK車検のランキング