バイクの車検費用はどれくらいかかるものなの?

2017.11.21

バイクの車検の費用はどのくらいかかる?

大きな排気量のバイクは、重量感やパワーがあり魅力的な車種が多くあります。しかし、250ccの排気量をオーバーするバイクの場合は、車検を2年ごとに受ける必要があります。そのため、このような大きな排気量のバイクを買う場合は、車検の費用がどのくらいかかるか心配でしょう。
ここでは、バイクの車検の費用はどのくらいかかるかについてご紹介しましょう。

バイクの車検の費用はどのくらいかかるか?

バイクの車検にかかる費用の最低限のものを、法定費用と言います。
バイクの車検を受ける際の法定費用としては、重量税、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)、印紙代になります。
ここでは、重量税、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)、印紙代についてご紹介しましょう。
重量税
・初度登録より13年未満の場合は3,800円
・初度登録より13年超〜18年未満の場合は4,400円
・初度登録より18年超の場合は5,000円
自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)
・24ヶ月の場合は13,640円
・25ヶ月の場合は14,010円
なお、車検の残存期間があれば24ヶ月の場合、車検が無くなっていれば25ヶ月の場合になります。
印紙代
・基準適合性審査の印紙代は1,300円
・自動車検査手数料の印紙代は400円
・用紙の印紙代は50円
初度登録の場合の費用
初度登録の場合は、重量税が3,800円、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が13,640円、印紙代が1,750円で、トータルで19,190円になります。

ユーザー車検の場合は、車検を法定費用だけで通せる

陸運局にバイクを自分で持ち込んで手続きと検査を受けるユーザー車検の場合は、車検を法定費用だけで受けることができます。
ユーザー車検の場合は、約20,000円の法定費用になります。
しかし、ユーザー車検でも、スピードメーターが作動しない、タイヤが摩耗しているなど、保安基準に合わない場合は、整備費用と部品代が別にかかるケースもあります。

バイクの車検を業者に頼んだ場合

バイクの車検をバイク屋などに依頼した際の費用としては、
・代行手数料
・法定費用
・法定整備基本料金
・整備費用
・部品代
がかかります。
法定費用だけは一律ですが、これ以外の費用は業者によって違ってきます。
非常に安い業者の場合は、消耗品は換えないで、プランの最低限のものを利用すると、基本料金と代行手数料がそれぞれ10,000円と約40,000円の法定費用で車検ができます。 消耗品のオイルやチェーン、タイヤなどを換えると、工料や部品代が別にかかります。整備も含めて車検を業者で受けることを、ディーラー車検あるいは整備車検と言います。
消耗品を換えることも含めたディーラー車検の相場の平均は、タイヤを換えない場合は50,000円〜60,000円くらいです。
一緒にタイヤも換える場合は、工料の相場は前後トータルで4,000円〜5,000円くらいです。しかし、タイヤの部品代は銘柄によって非常に違ってきます。

ディーラー車検とユーザー車検、どちらが良いの?

業者のディーラー車検とユーザー車検はいずれを選択すればいいのでしょうか?ここでは、車検を業者のディーラー車検にするか、それともユーザー車検にするかの選択方法についてご紹介しましょう。

普段の整備状態

普段から、自分でオイル交換、洗車、タイヤの空気圧の確認などをしっかり管理している人は、高い費用を無理に支払って業者のディーラー車検を選択する必要はありません。
手間と時間が許せば、ユーザー車検にチャレンジしてみましょう。
整備を普段していない人は、しっかりとプロに2年に1回程度は点検整備をしてもらう方が、安全面などにおいて安心でしょう。

手間と時間

ユーザー車検の場合は、平日の昼間にバイクを陸運局に持ち込みます。
不備が書類にあったり、保安基準適合検査に通らなかったりすれば車検は合格しません。
最もヘッドライトの光軸がよく落ちるため、この場合は検査員にアドバイスしてもらいながら光軸調整を自分で行ったり、約3,000円の予備検査を陸運局の隣にある予備車検場で受けたりする必要があります。
整備を普段から行っており、整備スキルの最低限のものがある人でも、ユーザー車検は休みが平日の昼間に取れないとできません。このような人の場合は、車検を40,000円程度で行っている業者に依頼しましょう。
時間が平日の昼間に作れる人でも、書類を準備したり、陸運局にバイクを持ち込んだりするのは、手間も時間もかかります。そのため、手間も時間も問題でない人は、ユーザー車検にチャレンジしてみましょう。

売る際の価格は車検内容に影響しない

バイクを売る際の価格はユーザー車検でも影響はありません。
バイクの買取査定の価格は、車検した際の整備状況や車検を頼んだ業者が与える影響はあまりなく、査定を受ける際のバイクの状態が重要視されます。
そのため、売る際のことを考慮してバイクの車検の業者を選択する必要はありません。

このエントリーが役に立ったらシェアしよう!

車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

EPARK車検のランキング