格安な車検を検索・比較ができる車検予約サイトです。

2017.8.31

ペーパードライバーのための車検の手引き

首都圏に住んでいる人によくあるのが、免許は取得して自動車は購入したが、通勤や行楽は電車やバスが便利で、いつのまにかペーパードライバーになってしまうことです。ただ、自動車には必ず車検がやってきますので、ペーパードライバーのための車検について紹介します。

車検の有効期間が満了する日を確認

一般的にはディラーや自動車販売会社で自動車を購入した場合、引っ越しなどを行っていなければ、車検の案内が届くと思いますので、車検の時期は分かります。ただ、車検が切れてしまうと、自動車を走らせることはできなくなるので、車検の有効期限をペーパードライバーであってもご自分でしっかり確認してください。

自動車のフロントガラスに検査標章が貼られており、車検の有効期限が記載されています。ただ、検査標章には、車検の有効期限の年と月まで書かれていますが、日まで書かれていないので、車検証に書かれている有効期間の満了する日をしっかり確認しましょう。

車検は有効期間が満了する日の1ヵ月前から受けることができます。車検証の有効期間が満了する日が確認できたら、車検に必要な書類の準備、自動車のコンディションをチェックします。

車検に必要な書類について

お店に車検をお願いする場合は、次の書類が必要ですが、自動車納税証明書は、自動車税を滞納していなかったり、自動車税を納付し4週間経っていたりする場合は省略できることもあります。

車検証
自動車損害賠償責任保険証明書
自動車税納税証明書(継続検査用)

自動車のコンディションを確認

ペーパードライバーになってしまい普段使っていない自動車のコンディションを確認しましょう。自家用乗用車の場合、日常点検をすると自動車のコンディションが分かります。日常点検は必ず、オーナーズマニュアルを参考にして、実施してください。
ボンネットを開き、エンジンルームをのぞき、ウインドウォッシャー液をはじめ、ブレーキ液、バッテリー液、冷却水、エンジンオイルの量を点検してください。タイヤの空気圧、溝の深さ、亀裂、損傷、異常な摩耗を点検。

ランプ類の点灯、点滅、レンズの汚れ、損傷を点検してください。運転席で、ブレーキペダルの踏みしろ、ブレーキの効き、パーキングブレーキレバーの引きしろを点検してください。ウインドウォッシャーの噴射やワイパーの拭き取りの状態を点検してください。エンジンのかかり具合、異音、低速の状態、加速の状態を点検。

この点検結果を、車検をお願するお店へ伝えれば、自動車のコンディションに合わせて、対応して頂けます。例えば、自動車が自走できなかったり、ペーパードライバーなのでお店まで運転する自信がなかったりする人には、自動車の引き取りや納車のサービスを行っているお店もあるので相談してみてください。

EPARK車検で紹介するお店は、良心的なお店ばかりなので、サイトにアクセスして、検索してみてください。

車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

EPARK車検のランキング