自賠責保険と車検には一体どんな関係があるのでしょうか?

EPARK車検

更新日:2021/04/05 公開日:2017/07/25

自賠責保険と車検の関係は?支払いはいつ?自賠責保険と車検の関係は?支払いはいつ?

自賠責保険と車検の関係は?支払いはいつ?

車検を受ける時に必ず必要になるのは自賠責保険です。
何気なく払っている車検費用の中に含まれているものですが、どんなものなのかよくわからないという人も少なくありません。
自賠責保険と車検との関係はどのようなものなのでしょうか。

目次

自賠責保険とは一体何?

自賠責保険は万が一の事故の際、被害者が最低限の補償を受けられるようにすることを目的としたもので、法律によって自動車を所有している人は必ず加入しなければいけない「強制保険」とも呼ばれているものです。
自賠責保険は交通事故の過失の割合で補償を行うのではなく「怪我をした被害者」が一時的な治療費に使う仮渡金制度や、話し合いがスムーズに行かない時に被害者から加害者側の保険会社に直接請求できるなど、「被害者に対する補償」に重点を置いているというのが特徴です。これは加害者側に保険金の支払い能力がない場合、被害者が一方的な損害をこうむらないようにするためです。そして保険金の支払限度額・補償内容は損害内容によって異なり、治療費や慰謝料、葬儀費、通院交通費などさまざまな基準が設けられています。

一見、車検と自賠責保険は何の関係もないように思えますが、自賠責保険は法律によって加入することが義務付けられているものです。自賠責保険に入っていないと1年以下懲役もしくは50万円以下の罰金となり、また交通違反の点数が6点がつき直ちに免許停止となります。
車検のタイミングで法律を守りきちんと自賠責保険に加入しているかどうかをチェックしているのです。

なぜ車検に自賠責保険が必要なの?

自賠責保険が車検に必要な理由は先述の通り「法律によって加入しなければいけない保険」であるからです。
そのため、車検に合格して公道を走るためには次の車検まで有効な自賠責保険に加入しておくことが必須であると言えます。
車検の際には毎回24カ月以上の自賠責保険に加入することになります。車検の際に払った自賠責保険は24か月以上の保険料の前払いという形になるため、次回の車検までは特に何の手続きも必要ありません。
「車検は2年後だから24か月分の支払いで良いのでは?」と思うかもしれませんが、車検満了日よりも自賠責保険の有効期限の日にちが1日でも長くなければいけないため、何らかの事情で車検を受けるタイミングが遅れることなどを見越して25カ月の自賠責保険に加入することもあります。

車検時に支払い?いくらかかるの?

自賠責保険は車検時にディーラーなどが立て替えて支払いを行っているため、車検の明細を見れば車検費用と一緒に請求されていることがわかります。
そのため、車検の費用と一緒に支払いを行うことになります。
自賠責保険の保険料
普通車 24カ月20,010円
25カ月20,610円
軽自動車 24カ月19,730円
25カ月20,310円

車検費用が安い専門店やガソリンスタンドでは車検費用の5割〜6割は自賠責保険の保険料となっています。
自賠責保険の保険料と補償内容に関してはどの保険会社も一律となっていますので、特に強いこだわりがない限りは車検を依頼するディーラーなどにお任せしてしまっても問題はありません。

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

>次のページへ 重さで決まる!?自動車重量税の詳細!

このエントリーが役に立ったらシェアしよう!

【ユーカーパック】あなたの車が高く売れる!
【Amazonギフト券3,000円分プレゼント中!!】出光リテール車検特集

×閉じる