普段の買い物ではクレジットカードを利用するけど車検では利用可能なの?

EPARK車検

更新日:2018/09/19 公開日:2017/11/28

車検でクレジットカードを使うときの注意点

車検は一度に5万円ほど、車種や年式、状態によっては10万円を超えることもあり、高額な支払いを負担に思っている人も少なくありません。
そんな時に便利なのが後払いすることができるクレジットカードです。しかし、車検の支払いにクレジットカードを利用する際には注意が必要になります。

目次

クレジットカードで払えない車検の費用がある?

車検費用をクレジットカードで支払う利点としては「一度に大きな支払いをしなくても良い」そして「クレジットカードのポイントをためることができる」という点があります。
しかし「車検費用」と一言で言ってもその中には車検基本料と法定費用が含まれています。
法定費用は自賠責保険や印紙代、重量税、リサイクル料のことで、これらの支払いをクレジットカードでできる店舗は一般的には少数です。車検の費用のうちクレジットカードが利用できるのは車検費用、整備代、部品代のみに限られる店舗が多く、クレジットカードで支払いができる金額は実際には車検費用の2割〜6割程度になります。

車検を頼む前に相談しておこう!

車検を行っているすべての業者でクレジットカードが使えるというわけではありません。業者によっては法定費用だけではなく車検基本料も現金で支払う必要があるところもあります。
この場合には10万円前後の費用をすべて現金で用意するか、現金での支払いが困難な場合にはクレジットカードが利用できる業者を探す必要があります。しかしクレジットカード払いができる業者は現金のみの業者に比べると車検費用が高額になっている傾向があるとも言われていますので、トータルでお得にしたいという時には現金払いの方が良いこともあります。

お店によっては車検費用の全てが現金の可能性も

一部の業者には法定費用もクレジットカード払いができるところもあります。どうしても現金が用立てられないという時には、そのような業者を探して車検を受けた方が良いでしょう。
また、現金払いしか受け付けていないところでも、ローンなどを利用することができる業者があります。ローンを組めるのならばクレジットカードの分割払い同様に支払いをすることもできます。
また、車検の費用を相談しておくのも一つの方法です。法定費用は国が定めているもので値引きをすることはできませんが、車検の費用は業者が独自に設定しているところも多いため、交渉をすることで多少でも費用を安くしてくれる可能性があります。支払いが苦しいという場合には、一度相談してみることが有効です。

EPARK車検に掲載してあるお店には車検費用が全額クレジットカード支払いOKの店舗も掲載しています。ぜひ検索してみてください。
【店舗特集】車検費用全額クレジットカード支払いOK店舗一覧

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

>次のページへ 車検費用は分割支払い可能?車検ローンとは

このエントリーが役に立ったらシェアしよう!

【ユーカーパック】あなたの車が高く売れる!
【Amazonギフト券3,000円分プレゼント中!!】出光リテール車検特集