大切に載り続けた愛車。10年目を迎えたけど車検はどうすればいい?

2017.10.30

10年目以降はどうなる?車検の現状は?

かつて新車登録から10年目を越えた車の車検期間は1年といわれていましたが現状はどうなっているのでしょう。
車検を毎年行うのはあまりにも経済的負担が大きいですよね。ここでは新車登録から10年が経過した車の車検システムについてご紹介します。

新車登録から10年経過した車でも、毎年の車検を受ける必要はない?

新車登録から10年を越えた車両に対して、毎年車検を受けなければならないというのは昔の話です。
1995年の法改正後、新車購入後初めての車検は3年、その後については永遠に2年後に受ければ良いようになったのです。これは、車の性能が向上し、10年以上走行していた場合でも適切な整備・点検を行っていれば、安全性が保たれるという判断のもとに改訂されています。
一般的な自家用の自動車であれば、全般的に2年車検が適用されています。ただし、営業車や貨物車など車を酷使しているような車に関しては、一部毎年車検が導入されている場合があります。自家用として購入した車であれば、たとえ中古車であったとしても、毎年車検となることはありません。

10年目以降でも大丈夫!一般的な車は2年毎の更新!

10年後以降でも、10万キロを超えた車でも、法律では新車登録時は3年車検、その後の車検は2年ごとの更新となりました。
一般的な自家用の自動車に乗っている限り、1年車検はありません。1年車検が適用されるのは業務用や貨物自動車のみなのです。
ただし、車検が無いからといって、点検や整備を行って良いというわけではありません。24ヶ月点検などは法定点検となっていて、必ず行わなければならないとされています。
しかし、法定24ヶ月点検はユーザー自身が行うことができる点検で、車に搭載された整備記録簿に基づき必要な事項をチェックするだけです。そのため、多少車の知識がある人であれば誰でも自分自身で行うことができるのです。

10年の期間を経ると…車検更新時に起こり得るリスクって?

それでも、10年を過ぎた車となると、古い車であることは確かです。比較的新しい車であると、車検時に交換が必要な部品としては、ブレーキパットやタイヤなど比較的安価なものが多いですが、10年を超えた車は高額な部品を交換しなければならないかもしれないというリスクが発生します。
高額な部品の一例として、タイミングベルトやベルトテンショナーなどが挙げられます。これらは、部品自体が高額ということもありますが、エンジンを一度車から降ろさなければならないなど、大がかりな作業が必要となり、工賃が高くなってしまうのです。特にタイミングベルト交換となると、それだけで10万円近い出費となってしまうこともあります。
古い車になるほど、車検のたびに高額な修理費用が発生するリスクがあることを認識しておいた方が良いでしょう。

10年目以降の愛車のコンディションを知るためにEPARK車検には無料見積りサービスがあります。このサービスに申し込むと、すぐにお店から連絡が届き、愛車を点検し、無料でコンディションや車検に必要なお金についての説明があります。ぜひ検索してみてください。
車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

EPARK車検のランキング