格安な車検を検索・比較ができる車検予約サイトです。

2017.7.26

車検ステッカーのルール!貼り方や貼らない時の罰金って?

車検ステッカーのルール!貼り方や貼らない時の罰金って?

車を車検に出し、無事に通ると有効期限が記載されたステッカーを受け取りますよね。
でも、見栄えが良いとは言えないし、車検はきちんと通しているのだから別に貼らなくても良いのではないか、と考えたことはありませんか?
そんな車検ステッカーについて考えてみました。

車検ステッカーの基本!貼り方と貼る場所は?

車検ステッカーですが、これは道路運送車両法第66条で定められている義務で車検証を備え付けるのと同じように必ず貼らなくてはなりません。
次に、道路運送車両法施行規則を調べてみるとステッカーを貼る場所については、第37条で自動車のフロントガラスの内側に貼り付けなくてはいけないと定められています。
ですから、ほとんどの方はルームミラーの根元に貼られている事が多いですが、本来は運転に支障がなければフロントガラスのどこの場所でも貼っても良いということなのです。
もちろんフロントガラスの中央などに貼ってしまうと警察からの指導を受けることになるかもしれませんので、あくまでも視界を妨げない場所に貼ってください。

車検ステッカーをなくした!?紛失時の再発行手順は?

もし車検ステッカーを無くしてしまった場合は、再発行してもらいましょう。
普通車
陸運局・陸運支局
軽自動車
軽自動車検査協会

そのとき、持参しなくてはならないものは車検証の原本です。また検査標章再交付申請書に押印をする必要がありますので、個人の方は必ず認印も持参するようにしてください。
全ての手続きが無事終了すると、新しい車検ステッカーと新たに車検証も発行されます。
その備考欄には「検査標章再交付」と記載されていなくてはならないので必ずチェックをしておいてください。
仕事の都合などでどうしても再発行に行けない場合は、ディーラーなど手続きを代行してもらえるところにお願いすることも可能です。
問い合わせる場合は、委任状も必要ですので忘れないでくださいね。

もしも貼らなかったら…一体どんな罰金があるの?

もしも、車検ステッカーを貼っていなかった場合はどうなるのでしょうか?
フロントガラスに車検ステッカーは見栄えが悪いから貼りたくない、という方もいますが道路運送車両法第66条に違反することとなってしまうのです。
これに反して車検ステッカーを貼らずに車を運転していると最大50万円もの罰金となってしまう事もありえます。
見栄えを気にするあまり、車検ステッカーを貼らずにおいてそんなにたくさんの罰金を取られてしまってはつまらないですよね。
きちんと法律で決められていることなので、車を公道で走らせる以上ルールには従いましょう。
忘れてしまうこともあるかもしれませんので、車検を通した後にはなるべく早くフロントガラスの見やすい位置に車検ステッカーを貼っておきましょう。
車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方はこちら「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方はこちら「車検 無料見積り」の店舗をさがす >

>次のページへ 車検証表記の見方

EPARK車検のランキング