愛車のカスタマイズで車高を下げているけど車検に通る最低地上高は何cm?

EPARK車検

更新日:2020/09/04 公開日:2017/10/12

車高を下げたいんだけど…車検に合格するための最低地上高は何cm?

見た目の良い外観とコーナリングでの走行性能から人気のロースタイル。
定番のカスタマイズの一つでもあるので、愛車の車高を下げているという人も多いのではないでしょうか。
そんな時気になるのは、やっぱり車検が通るかどうかでしょう。そこで今回は車検に合格するために必要な最低地上高について説明します。

【Amazonギフト券3,000円分プレゼント中!!】出光リテール車検特集

目次

車高の基準はどのくらい?

車高の基準

一般に「車高」と言われるのは正式な自動車用語では「最低地上高」と言い、「水平な地上面から自動車の最も低い所までの垂直距離」を指します。 日本では保安基準第3条で規定されており、具体的には9センチ以上の高さが必要になります。ですので車検でもこの保安基準の規定に基づいて検査されます。
ここで言う「自動車の最も低い所」というは、言葉の通り地上面から車の一番低い所を指しますが、条件として
  • 空車状態
  • 前輪と後輪の真ん中(地上面に接している所)の間を計測
  • ロアアームやエアロパーツは除外(後述)
などがあります。そしてその最低地上高が9センチ以上あれば、基本的には車検をとおすことができると言えます。ただし、前輪の真ん中から前と後輪の真ん中から後ろに関しては別の基準があります。特にマフラーを改造している場合には注意が必要です。
また大きい車ほど車高基準が厳しく9センチから14センチは必要とされていたり、アンダーカバーなどを装着している場合は5センチ以上であったりと、車の状態によっても基準が変わってきます。 そしてオーバーハング(タイヤの中心から外側にはみ出した部位までのこと)によっても異なり、通常のほとんどの車は9センチですが、オーバーハングが73センチ以上のものは10センチ、82センチ以上のものは11センチと、車体が大きくなるにつれて最低地上高の値も大きくなっていきます。

エアロパーツがついていたら?基準は変わる?

エアロパーツは車高に含まれる?車検は通る?

先ほど、車高は自動車の最も低いところで9センチ以上必要と述べましたが、エアロパーツに関しては違います。
結論から言うと、エアロパーツは車高に含まれず、5センチ以上の高さにあれば車検を通す際に問題はありません。だだし、樹脂製であること、ライト類が埋め込まれて一体化されていないことが条件となります。
他にも車高に含まれない部分はいくつかあり、タイヤと連動して上下する部品の下端、自由度を有するゴム製部品、サスペンションなどの足回りは、基本的には車高から除外されます。
つまり、エアロパーツなどの足回りを除いた車体部分の一番低いところを測り、地上よりも9センチ以上の高さがあれば、車検を通すことは可能といえます。

車検で実際どうやって車高を測定する?

車検において地上高を計測する場合には、あまり厳密な検査は行われません。
通常は車の下回りを確認した後、車体の最も低い部分の車高を計測するのですが、計測される場所で最も多いのがマフラーの部分とリアデフの部分です。そのため心配な人はこの2か所がちゃんと9センチ以上になっているかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。特にマフラーの部分を社外品と交換していて車検で引っかかってしまうというケースが多く見られます。
カー用品店などで車検対応と銘打ってあったとしても、取り付けた時に車高が9センチ以上になるかどうかをチェックしておいた方が安心です。
また、ウィンカーやフォグライトが付いたバンパーを装着している場合にはバンパーにも車高基準が適用されるので注意しましょう。

その場しのぎはNG…車高短はほどほどに!

車高で車検に不合格になってしまわないための方法としてよくみられるのが、タイヤの空気を入れて車高を上げるという方法です。
ただし地上高に関する保安基準ではタイヤの空気圧が規定値であることが明記されていますので、あまり無理に空気を入れすぎることはできません。
車高を下げると見た目が良くなるものの、タイヤやホイールを擦ってしまったり、本来ならば当たらないはずの縁石などに車体をぶつけてしまうなどのデメリットもあります。
また足回り部品は命にもかかわる重要な部品ですし、トルクの締め付け具合などが細かな数値で決められています。
車検に通ることはもちろんのこと、安全性の面からも車高を下げるための部品交換は決して自分で行ったりせず、プロに依頼するようにしましょう。

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

>次のページへ 車検の必須点検項目!注意すべきポイントはどこ?

このエントリーが役に立ったらシェアしよう!

【ユーカーパック】あなたの車が高く売れる!