格安な車検を検索・比較ができる車検予約サイトです。

2017.8.27

安心して利用できる!?巷で見かける個人タクシーについて

個人タクシーの資格や整備、車検について紹介します。

個人タクシー事業者と法人タクシー運転者の比較

個人タクシー事業者になりたいという人は多いそうです。ただ、個人タクシー事業者になるためには様々なハードルがあり、高度な運転技術や個人タクシー事業者しての資質も必要です。
個人タクシー事業者になるための条件を法人タクシー運転者と比較して紹介します。
免許や経験については、個人タクシー事業者になるためには、第2種免許を取得しなければならない上に、タクシーの運転者などの経験が10年以上必要です。一方、第2種免許を取得だけで法人タクシー運転者になれます。
地理に関しても、個人タクシー事業者になるためには、申請前に営業区域で続けて3年以上の経験が必要ですが、法人タクシー運転者になるためには地理は不問となっています。

安全運転については、個人タクシー事業者になるためには、申請前3年間は無事故無違反でなければなりませんが、法人タクシー運転者になるためは、安全運転についての条件はありません。

資金についても、個人タクシー事業者になるためには関東では160万円以上必要ですが、法人タクシー運転者になるためは、資金については不問となっています。

設備については、個人タクシー事業者になるためには車庫や整備などは自己負担となっていることに対して法人タクシー運転者の設備については会社負担となっています。

住所については、個人タクシー事業者になるためには住居と営業所が同じでなければなりませんが、法人タクシー運転者になるためは住所については不問。

定年については、個人タクシー事業者の場合は平成14年2月に参入以降については期限付きとなってしまい75歳となっていることに対して、法人タクシー運転者の場合は会社によります。

このように、色々なハードルを乗り越えて個人タクシー事業者になった人は信用できると感じられます。

個人タクシーの車検は1年に1回

個人タクシーで使われている普通・小型自動車は、自家用自動車と別に分類され、運送事業用の旅客となっており、検査証の有効期間も初回は1年2回目以降も1年となっています。
一方、自家用自動車の乗用に分類される普通・小型自動車の検査証の有効期間は、初回は3年、2回目以降は2年となっています。
個人タクシーで使われている普通・小型自動車は、自家用自動車の乗用に分類される普通・小型自動車と比較すると、車検を多く受けているということになります。
これだけでも個人タクシーは、車検制度によって厳しく管理されているということになります。

個人タクシーは3か月定期点検が義務

個人タクシーの車検は1年に1回実施されている上に、3か月定期点検が義務付けられています。個人タクシーは自家用自動車と比較して走行距離、使用状況も異なるために3か月定期点検が行われています。

3か月定期点検は安全を確保したり公害や故障を防いだりする観点から車検と車検の間に実施しています。3か月定期点検では、国が定めた基準を基に、自動車の構造や装置が正しく機能しているかを点検します。 場合よっては、部品を交換したり修理や調整等を実施したりします。

個人タクシーの車検には代車が必要

車検にかかる時間が例え数日であっても、車両のために売る上げがないのは個人タクシー事業者とっては問題なので、代車が必要です。

EPARK車検で紹介するお店は、良心的なお店ばかりなので、サイトにアクセスして、検索してみてください。

車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方はこちら「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方はこちら「車検 無料見積り」の店舗をさがす >

>次のページへ 安心して利用できる!?巷で見かける個人タクシーについて

EPARK車検のランキング