格安な車検を検索・比較ができる車検予約サイトです。

2017.8.27

うっかりが重大事故に!危険運転とはどんなものか知りたい

運転中の何気ない行動の中にも危険運転に当たる事例がありますのでこのページで紹介していきます。

歩道にいる歩行者に水しぶきをかける

雨天、自動車で走行していると遭遇する水たまり。
この水たまりに突っ込んで水しぶきを歩道まで飛ばして、歩行者に水しぶきをかけることは危険運転とみなされます。違反者に対しては、反則金が課せられます。
水たまりを見つけたら、徐行などして、歩行者に水しぶきをかけないようにしましょう。

サンシェードやカーテン、ペットに注意

窓ガラス(運転席や助手席の横)にサンシェードカーテンをつけたままで車を走行させると、運転者の視界を妨げることになり、乗車積載方法違反とみなされ危険運転となります。
また、犬や猫などペットをドライブに出かける際に、運転者の膝にペットを乗せて運転すると、乗車積載方法違反とみなされる危険運転。
これらの違反者にたいして、反則金が課せされます。

携帯電話やスマホ、サンダル、カーオディオなどの使用も注意

運転中に、電話がかかったり、メールが携帯電話やスマホに届いたりすることはよくあります。ただ、通話をしたり、画面を注視しメールをしたりしたら、 ながら運転といわれる危険運転とみなされ、反則金が課せられます。
ちょっとコンビニに自動車で出かけるだけからといってサンダルで運転したら違反となり、違反者に対して反則金が課せされます。

また、運転中、大音量にしてカーラジオカーラジオやステレオを聞くことやイヤホーンやヘッドフォンを使うことは違反となり、違反者に対して、反則金が課せされます。

ハイビームのままでの運転は危険

うっかりライトをハイビームのまま長時間夜間走行していて、すれ違う対向車からパッシングを受けるたことはありませんか?
それだけ、対向車にとってはハイビームを危険なので事故を防止することが求められています。違反者に対しては、反則金が課せられます。

自動車のライトに対しては、車検では光軸や光量をチェックします。車検で光軸検査をクリアするようにしっかり整備をしてくれるお店がEPARK車検に掲載されています。すべて法定24ヶ月点検付きの車検を行っており、プロの整備士の確かな目と技術で愛車を点検してくれるので、車検のサイトにアクセスして自分に合ったお店を選んで、納得した車検にしましょう。

車検といえばEPARK車検
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

「すぐに車検店舗を探したい!」という方はこちら「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方はこちら「車検 無料見積り」の店舗をさがす >

>次のページへ 危険!夏によくある事故・故障特集

EPARK車検のランキング