飛び石で傷の入ったフロントガラスで車検は通る?

EPARK車検

更新日:2018/06/20 公開日:2017/12/21

飛び石で傷の入ったフロントガラスで車検は通る?

フロントガラスは、前方の視界を得るために大切なパーツです。
もし、フロントガラスに飛び石などで傷がついてしまった場合は車検に通すことができるのでしょうか。
車検時のフロントガラスのチェック項目などについてご紹介します。

目次

車検に通るフロントガラスの条件

車検の際、フロントガラスに求められる規定は、「損傷した場合にも運転者の視野が確保できること」と「容易に貫通されないこと」の2点です。
また、フロントガラスと側面ガラス共通の規定としては「透明で、運転者の視野を妨げるひずみの無いもの」とされています。
この規定を満たしているかどうかは車検の検査官により判断されますが、多くの場合は運転席側に飛び石などによる傷がある場合は、車検に落ちてしまう可能性が高いようです。
しかし助手席側であれば、比較的基準は甘く、車検に通ることが多いといわれています。
これは運転者の視野の邪魔になるかどうかが、大きな判断事項となっていることが想像されます。
ただし、運転手側でも欠けた程度の傷であれば車検に通ることもあります。
ひび状になっているとさすがに視界の邪魔になるので車検に通らないことが多くあるでしょう。

もしも傷ついてしまったら

飛び石などでフロントガラスを損傷してしまった場合でも割れてしまった場合を除けば修理をすることも可能です。
フロントガラスの欠けやひびなどを補修する補修液というものが販売されています。
また、飛び石リペアキットなども販売されているのです。
これらのリペアキットでは多少のヒビも治すことが可能です。
リペアキットを使用して修復すると、傷を全く目立たないところまで補修することが可能なので、 車検の検査官も傷があることには全く気づかないでしょう。検査官さえ気づかなければ車検は無事に通すことができます。
しかし、これらのキットで修復できないほどの大きな傷の場合はフロントガラスを交換するしか無いでしょう。
その場合部品代が6万円程度、工賃が2万円程度かかります。

余裕を持って車検を受けよう

飛び石によるフロントガラスの傷については、「運転手の視野を妨げないこと」という規定ですが、これは検査官の主観評価に基づくものなので、判定の明確さとしてはグレーです。
検査官によっては、車検に合格することもあるでしょうし、その逆もあるでしょう。
要は、車検の試験を受けてみないと分からないのです。
そのため、一度車検に落ちても満了日を過ぎてしまわないように、早めに余裕を持って車検を受けるのが賢明でしょう。
先に紹介した、フロントガラスのリペアキットによる修復方法でも、修理により視界にゆがみが発生してしまうことがあります。
ひびが無いので車検には合格すると考える人もいるかもしれませんが、「ひずみが無いこと」という規定もあり、その規定に引っかかってしまう可能性もあるのです。
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 新潟
  • 山梨
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 岡山
  • 島根
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
EPARK車検のランキング

「すぐに車検店舗を探したい!」という方「車検」の店舗を探す >

「車検は見積りを確認してから予約する」という方「車検 無料見積り」の店舗を探す >

車検とパーツについて

このエントリーが役に立ったらシェアしよう!